仙台 ホテル サーフライダー お問い合わせはこちら
仙台 ホテル サーフライダー 電話022-254-3314
宮城県仙台市宮城野区蒲生字二本木127-36

2013年6月15日

気仙沼の観光特区認定 飲食店など復興へ税減免で賑やかになりそうですよ♪

staff (2013年6月15日 09:01)

白ワインの「ほろ酔い蟹」1371125061.jpg

 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市の観光関連産業の復興を図る「市『海と生きる』観光復興推進計画(観光特区)」が11日認定され、宮城復興局気仙沼支所から菅原茂市長に認定書が交付されたそうですよ。
 気仙沼地区や大島地区、唐桑地区など市域の6分の1にあたる約50平方キロが対象。2016年3月末までに区域内に立地する観光関連の事業所は、固定資産税、不動産取得税、法人税などの減免を最大5年間受けられるそうです。
 減免対象は21業種で、宿泊業や飲食店のほか、飲食店に魚を販売する生鮮魚介卸売業、宿泊施設のベッドのシーツを洗濯する洗濯業も含まれる。織物業や保険業などもあり、適用業種が幅広いのが特徴だそうです。

飲食店なども早速趣向を凝らしているようですよ!

気仙沼市の仮設商店街「復興屋台村 気仙沼横町」にあるマルズワイガニ専門店「かに物語」(気仙沼市)は現在、父の日向けのギフトセットを販売しているそうです。

マルズワイガニの一本爪の酒蒸しとカツオだしに薫製の香り付けをしたもののセット。 東京のフードクリエイターチーム「EAT TOKYO」と共同開発した。

 酒蒸しの「ほろ酔い蟹」は白ワインと日本酒、バーボン、紹興酒の4種のお酒を使い、それぞれ酒蒸しにしたもの。4種の酒の風味に合わせて薬味やスパイスを加えた。日本酒は地元気仙沼の男山本店の「蒼天伝(そうてんでん)」を使用した。

 カツオだしに漬け込んだ「マルズワイガニのスモーク風」は、一本爪とオリーブオイルとニンニクを薫製の香りの抽出液と共に煮込んだ洋風のおつまみ。一本爪のアヒージョも加え、計66品のセットとなる。

 区域内への進出を希望する企業のほか、現在仮設店舗で営業している事業者も常設店舗を建設する際に税の減免を受けられる。市は300社程度の申請を見込んでいる。
 菅原市長は「観光業は水産業と並ぶ市の基幹産業。震災前以上の観光地づくりを目指したい」と話した。
 観光特区の認定を受けた自治体は、県内では石巻市、塩釜市に次いで3カ所目。気仙沼市では市単独の特区認定は初めて。

石巻、塩竃、気仙沼と、活気に溢れる街を探索しては如何でしょうか?

仙台でのお泊まりは、仙台 ホテル サーフライダーをご利用ください。

Copyright (C) 2010 仙台ホテルサーフライダー All Rights Reserved Produced by geniusweb