仙台 ホテル サーフライダー お問い合わせはこちら
仙台 ホテル サーフライダー 電話022-254-3314
宮城県仙台市宮城野区蒲生字二本木127-36

2013年4月 6日

今日の爆弾低気圧はまさに【台風】並みだそうです!!

master (2013年4月 6日 10:05)

gms.jpg

 急速に発達する低気圧の影響で、週末の6日土曜から7日日曜にかけ、全国的に大荒れの天気となる。昨年4月に襲来し、各地で死傷者が出た、いわゆる「爆弾低気圧」と同様の状況で、台風並みの暴風雨となりそうだ。政府はインターネットの「広報オンライン」サイトを通じて、特に天気の急な崩れが予想されるときには外出を控える、警報・注意報が発表された場合は早めに帰宅するなど、「春の嵐」を台風と同様に警戒するよう呼びかけている。また日本気象協会は、「強い風が数日にわたって続き、暴風による被害が予想される」として、不要不急の外出は控えるように呼びかけている。

「爆弾低気圧」は、中心気圧が24時間以内に24ヘクトパスカル以上低下するものを指す。6日午前9時に994ヘクトパスカルと予想される中心気圧は、24時間後の7日午前9時には、972ヘクトパスカルまで急速に下がると予想される。

 気象庁によると、低気圧は6日、急速に発達しながら東シナ海から日本海に進み、7日は日本海でさらに発達するという。日本列島の南岸を前線が通過し、西日本から北日本では太平洋側を中心に南から暖かく湿った空気が流れこんでくるため、大気の状態が非常に不安定となる。日本列島の太平洋側の広い範囲で6日から7日にかけて局地的に1時間70ミリの非常に激しい雨が降るおそれがある。また、気温が上がり、雨も降ることから、北海道や東日本の積雪の多い地方では雪解けが進む。雪崩や土砂災害にも警戒が必要だ。

 7日午前6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多い所で、四国、東海250ミリ▽近畿200ミリ▽関東甲信180ミリ▽九州南部・北部150ミリ▽東北、北海道120ミリ。

 7日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は▽西日本、北日本の陸上20メートル(35メートル)、海上 25メートル(35メートル)▽東日本の陸上23メートル(35メートル)、海上 25メートル(35メートル)。北海道では非常に強い風が8日も続くおそれがある。

 7日までに予想される波の高さは▽北海道の太平洋側、東北地、北陸8メートル▽関東7メートル▽東海、近畿、山陰、九州北部、九州南部・奄美6メートル。8日も、北日本と北陸地方では大しけの状態が続くおそれがあるので、皆さま、お出かけには十分な装備をお忘れなく!!

Copyright (C) 2010 仙台ホテルサーフライダー All Rights Reserved Produced by geniusweb