仙台 ホテル サーフライダー お問い合わせはこちら
仙台 ホテル サーフライダー 電話022-254-3314
宮城県仙台市宮城野区蒲生字二本木127-36

2011年6月30日

「トモダチ作戦」は仙台空港だけではなかった。

気仙沼沖の離島、大島で行なわれた瓦礫除去作業の「フィールドデー作戦」というのが自衛隊と米軍によって行なわれたようです。
地域住民も一緒に参加して瓦礫撤去のほか道路の確保、救援物資の搬入と色々と作業をおこなったみたいです。
フィールドデー作戦について在日米海軍司令部はコメントで
「最初は被災者が我々を歓迎してくれるのかどうか分からなくて不安だったけど、皆がとても感謝してくれたのでうれしかった」と、
フィールドデー作戦に参加した全員が本当に嬉しかったと思います。「フィールドディ」とは、海兵隊で用いられる非公式な言い回しで、清掃日意味するそうで、
この新しい活動は、3月11日の津波で被災したこの小さな島の復旧作業を支援するために始められたものです。
大島での海兵隊員と陸上自衛隊員の主な目的は、瓦礫を取り除いて損壊した建物に容易にアクセス可能にし、民間の機関が再建プロセスを開始できるようにすることだったようです。
私も気仙沼の離島の大島には何回か行きましたが、椿の花が咲く綺麗な島に早く戻ってほしいと思いました。

 

2011年6月29日

復興仙台すずめ踊り

震災からまだ完全には傷は癒えていませんが、被災者の慰霊のために、そして仙台市の復興を願って、
第9回 「復興・夏まつり仙台すずめ踊り」 を7月24日に仙台市の中心街の、勾当台公園広場にて開催するそうです。
この夏まつりから、宮城へ東北へ全国へと「仙台復興」をそして「すずめの心意気」をアピールしたいと願い開催するそうです。
祭りを通じ被災者への義援金も予定してみたいです。
そもそも「すずめ踊り」とは伊達政宗公の御前で即興で披露した踊りがはじまりと言われています。
伊達家の家紋も「竹に雀」であることから『すずめ踊り』と呼ばれましたらしいです。
今年も伊達家18代当主伊達泰宗さまをお迎えし、地域との絆を大切にしながら、
小気味よいお囃子に乗せて、すずめ踊りの躍動的で華麗な舞いをご覧になってみてはいかがでしょうか。

2011年6月28日

東北六魂祭

今日の仙台は曇りで、午後から大雨の予想です。

今日から本格的にサーフライダーの復旧工事が始まりました。午前中は一階部分の瓦礫撤去と

早くも壁の解体作業をしています。幸い二階三階の客室部分は何の被害もないのが幸いです。

さて7/16・17に東北六魂祭というお祭りが、仙台のの中心街の勾当台公園広場で始まります。

六魂祭とは、東北の誇り高き魂をもう一度奮い立たせ、この災難に立ち向かうべく、東北の六大

祭りが仙台に集結して、六つの祭りの魂が一つになることで厄災を吹き飛ばす為だそうです。

青森ねぶた祭秋田竿燈まつり盛岡さんさ踊り山形花笠まつり、

仙台七夕まつり福島わらじまつりが仙台に集結して祭りを盛り上げ、郷土の物産販売や、出店など盛りだくさんの催しものがあり、子供から、大人まで、地元の方や、県外の方まで楽しめるイベントになるようです。サーフライダーの再オープンには間に合いませんが、是非とも仙台にきて、楽しんでもらい、お買い物や、被災地の現状などを知ってください。

震災で閉塞感が漂う宮城県ですが、この二日間だけは、祭りを楽しむ二日間にしたいものです。

東北人が復興の為に力を合わせるこのときをお見逃しなく!

 

2011年6月27日

復旧工事前日

今日も仙台は朝から雨。ムシムシして、たまりません。

明日から復旧工事が始まるので、本日は取引先の営業の方の力を借りて、津波で水没した書類、

ダンボールでざっと、8箱分を、工事のない二階部分に運びと、ゴミの片付け、袋で15袋を出しましたしました。午前中いっぱいかかり、三人で汗だくになりました。

震災以降、津波で水没した書類を一枚一枚泥の中から拾い、日当たりの良いところを見つけては、乾かし、また拾って乾かしの繰り返しで、気の遠くなる作業をしていましたので、思い入れのある書類です。

本当に津波って恐ろしいものですが、津波の後処理は想像を絶する作業です。こんなにしんどいとは思いませんでした。

明日からの復旧工事も、普通の工事と違い業者さんも大変だと思いますが、皆と協力して頑張って行きたいと思います。

皆さんも梅雨時期大変だと思いますが、頑張ってお仕事に励んで下さい。

 

2011年6月25日

三井アウトレットパーク仙台港店オープン!

サーフライダーから車で1分の三井アウトレットパーク仙台港店が、震災から復興を遂げて本日6/25(土)10時に再オープンしました。

仙台港エリアの中心的な商業的な施設で、先程見に行ってきましたが、駐車場が大変混雑して入れませんでした。ハートフルセールというイベントを開催してるみたいで、売り上げの一部が義援金として寄付されるそうです。東北初出店の店が「ナイキファクトリーストアー」、「TOMMY HILFIGER」、「FURLA」の三店舗が追加でオープンしたそうです。

一時、三井アウトレットパークは撤退するんじゃないかと噂がが流れましたが、本当に再オープンして良かったです。サーフライダーのお客様も三井アウトレットパークをご利用するお客様が多かったので同じ地域の仲間として本当に嬉しい限りです。

さぁ、来週からサーフライダーも復旧工事が始まります。再オープンまで突っ走るぞー!!

2011年6月24日

復旧工事開始!

お待たせしました。6/27からホテルの復旧工事が始まります。

いよいよ再オープンに向けての第一歩です。地震だけの被害ならもう営業再開していたかもしれませんが、津波の被害が予想以上でだいぶ遅れてしまいました。被害調査も瓦礫、泥をかき分けて、各業者さんと死にもの狂いで行ったのが、懐かしく思えるまでに気持ち的にも前向きになってきました。

仙台は梅雨入りして今日も雨です。営業準備やら、復旧工事の前準備やらで今日も忙しく動き回ってます。何せホテルにPCや電話もつながってないので、自宅が事務所がわりで、ホテルと自宅を何回も往復してる次第です(笑)

8月の七夕までには営業再開出来るよう、頑張っていきま〜す。

営業再開の道のりと同時に、仙台にイベント等も発信していきますので楽しみにしてて下さい。

 

 

2011年6月23日

営業再開の準備のお知らせ パート2

東北地方も梅雨入りしました、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

仙台蒲生地区も、営業再開する商業施設も出てきて以前の仙台新港、蒲生地区に戻りつつあり、

私も心強い次第であります。

昨日サーフライダーでも今回の復旧工事をお手伝いしてくださる、各業者さんを集めまして

以前にもまして、より良いホテルを目指すと再確認と、打ち合わせをしました。

いよいよだなと気が引き締まりました。

また色々と情報発信していきます。

2011年6月21日

営業再開の準備のお知らせ

このたび東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

サーフライダーも3/11の震災で津波の影響により、施設一階部分が被災しました。

地震直後は、従業員による冷静なお客様の避難誘導により避難はできましたが、その後一時間後に津波が来て従業員一同津波に遭遇しながら、命からがら逃げました。

何よりもお客様の避難誘導が冷静に実行されたのが不幸中の幸いでした。

施設は一階部分のみの被災で済みましたが、何せ津波被害と言う初めての経験で

何から手をつけて良いか分からない状況で困難を極めました。

幸い客室の二階、三階部分は無傷で助かりました(^0^)/

そして今回やっと復旧工事の目処がつきましたのでお知らせします。

7月下旬の再オープンを目指し頑張りますので宜しくお願いします。

今後もオープンまでの道のりを情報発信していきますので、楽しみにしてください。

Copyright (C) 2010 仙台ホテルサーフライダー All Rights Reserved Produced by geniusweb